アンティシスモ

safeenvironment-antisismobnr
contact-safe-environment



カタログ




特長

強震動(短周期地震動)にも、長周期地震動(ゆっくり長い揺れ)にも対応

safeenvironment-antisismo1
アンティシスモは強震動(短周期地震動)だけでなく、長周期地震動に対応しても有効で、重量のある機器が暴走を起こすことはありません。
他の方式の免震装置では難しかった長周期地震動に効果を発揮する構造となっています。また、免震建物は短周期地震動に対しては免震しますが、長周期地震動が発生すると建物が共振し、中に置かれたキャスター付複写機やピアノは暴走します。

安価・装着が簡単・移動が可能

safeenvironment-antisismo2
アンティシスモは他の多くの方式と比べ低コストで免震が実現でき、装着も容易です。機器の重量の約1/5の力で動かせます。
キャスターのようには動きませんが、ちょっとした移動も可能です。

設置のための床工事不要

safeenvironment-antisismo3
アンティシスモはオフィスや病院、学校、公共施設等ほとんどの床環境で使用できます。免震したい機器や什器、器具に取り付けたり、汎用の免震台に取り付けたら、後は床に置くだけ。床の工事や養生が不要です。Pタイル、オフィス用タイルカーペット、木の床材等は問題ありませんが、鏡面状の金属床や大理石のような床、毛足の長いじゅうたんのような床材は別途対応策が必要です。
(但し、床は固く平らであることが条件)

床に固定する必要がないため、設置場所を選ばない

safeenvironment-antisismo4
多くの免震装置は専用の受け具・床でないと機能しませんが、アンティシスモは鋼板床、コンクリート床、Pタイル、タイルカーペット、木質床であればどこででも免震します。また、アンティシスモを付けた機器が壁に押されて移動した場合も、その位置で免震します。

応用は無限

safeenvironment-antisismo5
基本的には直接ビスで止めます。
アタッチメントを取りつけて装着も可能です。
台座を作成して、その上に載せることも可能です。

ガル・震度・マグニチュードの相対関係と免震装置の対応状況

加速度(ACC):ガル(gal=cm/s2)

◆加速度スケールに見る技術

safeenvironment-antisismo6

◆気象庁震度階級関連解説表(1996)

震度 加速度(gal) 通常発生する現象の例
4 40~110 屋内ではかなりの恐怖感があり、眠っている人のほとんどが目を覚ます。座りの悪い置物が倒れる。
5弱 110~240 棚の食器類や本が落ち、家具が移動することがある。窓ガラスが割れ、弱い壁に亀裂が生じることがある。
5強 240~520 棚の多くのものが落ちる。タンスが倒れることがある。補強されていないブロック塀、備え付けの悪い自動販売機、墓石の多くが転倒する。弱い家屋は破損し、耐震性の高い建物にも亀裂が生じる。
6弱 520~830 立っていることが難しい。多くの建物が移動、転倒する。弱い住宅は崩壊するものがあり、鉄筋コンクリートづくりでも壁や柱に亀裂が生じる。地割れ、山崩れが生じることがある。
6強 830~1500 立っていることができず、はってしか動けない。家具のほとんどが移動、転倒する。
弱い木造建築の多くが倒壊し、耐震性の高い建物でも壁や柱が破壊するものがかなりある。
7 1500以上 人は自分の意思で動けない。ほとんどの家屋が大きく移動し、飛ぶものもある。
耐震性の高い建物でも傾いたり、大きく破損するものがある。
PAGETOP