バスドライブレコーダー 車載カメラシステム

safeenvironment-driverecorder-busbnr
contact-safe-environment







小型高精細カメラ及びSSDを採用 耐久性に特化したシステムで車内外の状況確認が可能

特長

  • 車外カメラの録画により、万が一の事故時の状況を記録
  • 車内音声の記録により、運転手様の安全を確保
  • プライバシーマスクによる個人情報保護
  • 内蔵Gセンサーによる急停車、急旋回などのデータ記録
  • GPS連動によりマップと連動したデータが確認可能
  • 画像データを利用した危険予知トレーニングを作成し、注意確認に利用可能

システム機器系統図

safeenvironment-driverecorder-bus1

システム機器搭載例

safeenvironment-driverecorder-bus2

Viewer画面

safeenvironment-driverecorder-bus3
Viewer画面により、各カメラの記録映像、時刻、運行状況、加速度グラフ、地図情報がリンクしており、万が一の際の状況を確認できます。

KYT(危険予知訓練)シート作成画面

safeenvironment-driverecorder-bus4

システム解析画面

safeenvironment-driverecorder-bus5
1日の危険運転のリスト作成と、それぞれの危険運転時の運転時刻、時刻速度グラフ、時間エンジン回転数グラフなどの詳細を表示させ、危険運転評価ポイントの点数付けも可能

主な仕様

カメラ台数 4台 (前方確認×1台、車外左×1台、車内×2台) 変更可能
CMOSワイドダイナミックダ カメラ採用(高感度、スミアレス)
音声記録 1CH(車内音の記録)
映像間隔 秒10コマ
デジタル処理 映像圧縮方式:H.264
記録時間 約130時間(640×480ピクセル)
※設定により長時間記録可能
記録メディア リムーバブルSSD使用(耐久性)
SSD容量 128Gバイト
運行データ 記録SDカード搭載 4Gバイト(20秒・2000回記録)

※製造は、池上通信機製です。

PAGETOP